読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみわたりんりんりん

海を渡り、空を飛び、徒より陸を征く高専生。

生き延びた

年金納めてる以上はこんなところでは死ねない。

 

今夜はもんじゃ焼き2つと焼きそば1つをたらふく食べてお腹いっぱい。

 

 

明日都内のホテルをチェックアウトして、家に帰ります。

ฉันต้องการล้าง Santos (サントス〇〇してやる!) @MBK, Bangkok

タイ

2016/09/11 @MBK, Bangkok, Thailand

 

f:id:kaito_nct:20161222020250j:plain

Santos : " This is Samsung Galaxy A9 Model 2016 !!   I will sell it at 1400 Baht !! "

me : " Seriously?   Thank you!   I will buy it! "

 

f:id:kaito_nct:20170308140434p:plain

me : " What ???   What does it mean ??? "

 

www.samsung.com

 

www.samsung.com

 

me : " Damn it !   This is a fake ! "

 

ameblo.jp

 

 

(☝ ՞ਊ ՞)☝ < This one is also made in Vietnamese !!

寮生活あるある

共同生活において意外と無視されがちなのかもしれない(暖房事情が同じ北海道内でしか通じないかもしれない)ネタ。

 

同室1 ... 生活適温 25 ~ 30℃(ベッド回り室温26℃前後)

同室2 ... 生活適温 20 ~ 25℃(ベッド回り室温27℃前後)

わし  ... 生活適温 15 ~ 20℃(ベッド回り室温32℃前後)

 

あついしぬ

試験前に(自分にとって)大切なこと

まだびーすとにはなってないです。

 

 

自分のために試験に備えること

  • 夜更かしは死ぬ。日付が変わるころには眠れ。
  • 朝飯は食うな。ライフサイクル的に死ぬ。
  • 筋トレしろ。試験中に肩がこったら死ぬ。
  • タフネス!タフネス!打ちのめされロ!

 

 

一月生き延びマーs

いろいろ抱え込みすぎて死ねなくなった

社会人の大変さに比べたらまだましなのかもしれない。

 

ただ、ここで死ねなくなったのはとても重圧だぞい。

 

入試の時よりもプレッシャーある。

じんせいでいまのところもっともたいせつなけつだん(学生だけど年金満額貰いたい)

年金満額もらうんじゃぁ~^(かたいけつい)

 

そのために、学生納付特例制度なんて使わん!!

満額貰えなくなる!!

あとから追納するのも損だ!!

 

だが毎月払い続けるのも損だ!!

国民年金前納割引制度を使う!!

2年度分を先に口座振替で納めてしまえば、ひと月分ぐらいは割引になる!!*1

 

そして、満額以上の年金が欲しいから、付加保険料も納めるぞ!!

40年間納め続けたら、受給開始から2年で元が取れるぞ!!*2

ただし!!

納付猶予や滞納などで追納するとき、付加保険料は納められないから要注意だ!!

 

つまり!!

今年は!!

平成28年度3月分当月未振替(付加年金込み) + 平成29年度と平成30年度分(付加年金込み)

= (16210 + 400) + {377310 + (400 * 24)}

= 403520

 

403,520円を納めるぞ!!

これに誕生月からの納付もあるからなんだかんだ膨らむぞ!!

 

年金にこんな額を納めるんだ!!

成人したての学生が!!

 

生命保険一つ解約する勢いだぜ!!

年金を 満額で2年1ヶ月 以上受け取らないと損な人生を選んでしまったからな!!*3

 

というわけで、

そこらへんで死ぬような生き方は出来なくなってしまいました。

皆様、どうかわたしを生かしてください。

 

成人式の夜、都会の片隅にて。

 

 

 

おさらい

学生納付特例制度|日本年金機構

国民年金前納割引制度(口座振替 前納)について|日本年金機構

国民年金保険料の「2年前納」制度|日本年金機構

付加保険料の納付のご案内|日本年金機構

*1:平成28年度の前納額だと、割引額が最大15,690円だ。当年度の定額保険料は毎月16,260円だぞ。40年間すべてを2年前納で済ませば、313,800円納付額を抑えられるぞ!!

*2:注:現在の付加年金額の算出方法における計算です。

*3:年金を何歳からいくらもらえるかは、「20歳当時の法律」ではなく、「受給開始年齢に達した時の法律」で決定されます。何歳からいくら貰えるかは、老いてみないとわからないのです。