読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみわたりんりんりん

海を渡り、空を飛び、徒より陸を征く高専生。

H-LAB 後談 ※ちょっと書き足した

H-LAB

おひさし。

 

LABの間に撮ってた写真が少ない(というか群衆写真がない)の。

 

悲しいけど、写真はなしで。

 

 

H-LABに参加できたことは人生の大きな分岐点だったのだと思う。

すんごい大学生に会えて、志の高い仲間に会えて、知らない世界の皆に会えた。

高専という特殊な環境にいるから、同世代ながら高校生のことを知らなかった。

高専で女装は見慣れていた筈だった(!?)のに、あれは物凄い衝撃を受けた。

 

( ^o^)< 弟さん、一体何回ファーストキスを奪われたのやら(錯乱)

( ^o^)< 6,7回かー(錯乱)

( ^q^)< 頑張ったねー(錯乱)

 

セミナーも自分の価値観に多大なる影響をもたらしてくれた。

宗教史、社会心理学経営学、文学、…

H-LABが終わってからというもの、世界の見え方が変わった。

具体的にいうと、お金の流れが見えるようになったりした。

駅で台パンして駅員に怒鳴りつけてるおっさんの年収まで見えた気がした。

 

自分の英語力も思い知らされた。

ゆーさんに訂正喰らった時が一番ショックだった。

「wanna」を授業ですら使わなかったから。

そのあと、産技高専の先生にも「高専の英語は壊滅的」と言われた。

 気付かされた。

高専にいる間に自力で英語力つけなあかん。

 

 

仲間もできた。

自分を変えてくれた仲間たちに出会えた。

House9 の皆、仲良くなった皆、教えてくれた大学生、...

 

ありがとう。これからもよろしく。

 

( ^o^)< Tasuku is my idol & i deel !!

 

 

追記:

2012年度のH-LABに豊田高専の一色さんが参加していたようですね。

僕は(多分)二人目の高専参加者ということになりますね。

 

H-LABの魅力は、道東から道内に(勝手に)広めていきます!

 

Reunion出来る日を楽しみにしてます。

もしくはこちらから会いに行きます。

See you again !!