読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみわたりんりんりん

海を渡り、空を飛び、徒より陸を征く高専生。

高専カンファレンス in 北海道3 ―今更だけど感想。

はい、じゃあ言ったとおり感想書くよ。

…。

といっても、もう一年も経ってるよね。

半年ぐらい前にmkに「早よ書け」って脅さ…言われたのは覚えてる。

だから、今書く。

 

初めて参加した高専カンファレンス

『in 釧路』 には参加しなかったんで、これが初。

 

本当はもっといろんな人と積極的に会話をしたりしたかったけど、

持ち前のサムシングなアレを発揮して、ATF的なアレで。

ダメでしたね。

本会と打ち上げを通して話した参加者1人だけだったし。

 

運営の人たちや小樽遠足に行った人たちとは少しだけ話せました。

 

本会の方は、永田先生と伊藤代表の基調講演がためになりました。

一般発表では綿某氏のケチる方法が一番自分に役立ちました。

 

初めて参加して、特になにか出来たわけでもないので、

「これが高専生か…」

と思うばかり。

 

本当に実感したのは in 釧路2 だったけど。

 

ぶっちゃけ、個人的に「自分が高専生らしくない」と思ってるん。

 

自分の学校が他所に比べて大人しいというか活気がないうえに、

自分は機械から情報に転科してるので、基礎知識もへったくれもないし。

(昔JavaScriptかじったけどくじけた)

 

だから、話についていくことができなかった。

ただでさえ専門科目が一年遅れているのに、基礎どころか予備知識もない。

 

これは今でも痛感してる。

 

…おっと、これ以上は話がそれてまう。

 

結論:参加したことには有り難みを感じてる。

 

 

カンファの善し悪しは誰かが言ってるだろうから、丸投げ。