読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみわたりんりんりん

海を渡り、空を飛び、徒より陸を征く高専生。

勝手にっぽう22日目(2016/09/05)

三度目の月曜日。

 

今日からAsst. Prof. Dr. Pitak Thumwarinに研究を指導してもらうため、チューター達とはいったん別れ、教授たちのオフィスに行く。いつもいる講義棟の二階にある。

 

f:id:kaito_nct:20161127093855j:plain

犬たちにも顔を覚えてもらえたようで、餌をたかられるようになってきた。

でも頭を触らせてくれるようになった。でもでも撫でてると興奮するのやめて。

タイに犬猫の飼育文化があるかは未確認だったが、去勢をしないのはわかっている。

つまりは、そういうことだ。

 

教授たちのオフィスは、全員が同じ部屋にいるので、教授たちの相談や連絡がそれなりにスムーズに行われている。エアコンが効いていて涼しいのである。

 

あっという間にお昼になった(朝ご飯はアイスクリームトースト)ので、いつものカフェテリアに。

 

お店をよく眺めていると、 "Japanese Curry" を提供しているお店があった。

 

f:id:kaito_nct:20161127124328j:plain

どちらかというとスープカレーじゃないかな?

タイカレーと同じように調理しているからか、水っぽい。辛くはない。

日本からカレールーを持ち出せる or 日系スーパーでカレールーを買って、現地人に振る舞うと喜ばれると思った。

 

と、チューター達と一緒にご飯を食べていると、五月蠅い連中がやってきた。

f:id:kaito_nct:20161127124339j:plain

拡声器と打楽器で騒ぎ囃す。

隣と会話できないくらいうるさかったので、"Shut up!  Be puiet!! Get out!!!" と一喝した。

退散していったあと、チューターに彼らの存在を訊いた。

「あれは一年生だと思う。先輩たちに自分たちを覚えてもらうためのパフォーマンスじゃないかな?」

チューターは耳をふさぎながら答えた。

 

KMITLの中では、昼夜問わずどこかで誰かが胡散臭い集まりを開いている。

夜な夜な踊っている連中や、宗教じみたことをやっている連中、部族の伝統行事の練習でもしているかのような連中...

講義棟のエントランスでやっていることもあれば、寮の中でやっていることもある。

二回目の日曜日にはサッカーコートに一年生がたくさん集まって何かしてたし。

ミリオンチャレンジやっていた時も、隣接する体育館で集まっていたし。

 

 

 

 

 

f:id:kaito_nct:20161127134044j:plain

パノラマ写真また撮っちゃった。

 

午後もオフィスですずんでいたら、先輩から電話。

「引っ越すぞ」

 

実は寮に入ったころ、男子寮の改装工事の遅れの煽りを受けて、女子寮に寝泊まりすることになった我々留学生。

一度は部屋替えの提案を出されていたが、一度入った部屋と比べて、エアコンがないことは変わらなかったので、残留を決めていたのだ。

その後、テクノエキスポに言っている頃合いに、また提案されたのだ。

エアコン完備の職員官舎で最近まで日本人教師が入居していた部屋が、当人が半年ほど日本の大学に戻って講義を行うため部屋が空いたからどうだ、という具合だ。

エアコンがあるなら行くしかない。そろそろ女子寮生にもなぜいるのか怪しまれてきてることだし。

そして、前日の内に下見をしていたのだ。その時は寝室にエアコンを追加して、シャワーからお湯が出るようにリフォームしていたので、終わり次第転居ということに。

 

で、電装系の取り付け工事が完了したので、早速引っ越す。

オフィスを早めにでて、寮に帰る。

 

そういえば寮の写真を撮っていなかったので、いまさらながら撮った。

f:id:kaito_nct:20161129183702j:plain

玄関入って横にあるスペース。ATMも設置してある。

でも楽天カードは使えなかった。楽天カードマン役立たず。

屋根の下左にある機械は、飲料水を販売する自販機。2ℓ を7バーツで買える。

コンビニが700mℓ 7バーツなことを考えるととても強い。しかも冷えてる。

ただし容器は自前。

左の建物は男子寮で、トイレとシャワーと洗濯物の干場がここにしかない。

我々は女子寮の一番奥の建物に住んでいるので、毎日ここまで来ないといけない。

毎日というか、普通にトイレ遠い。

トイレも、下水にトイレットペーパーが流せない。

ウォシュレットを通り越して、シャワーがついてる。とても不便。

”不便も文化だ” と言われて送り出されたけど、この不便は文化じゃない。

これはインフラの問題であって、タイ人のお尻文明とは無関係な不便だ。

床は濡れるし、シャワーでお尻洗ったら拭かなきゃいけない。衛生的でもない。

そんでもってお尻が清潔になるともいかない。うーんこの。

 

f:id:kaito_nct:20161129183652j:plain

家具が軒下に出されてる。改装工事で部屋から追い出されたっぽい。

 

f:id:kaito_nct:20161129183642j:plain

寮の中のカフェテリア。英語が通じる数少ない所。一週間前には日本語表記のメニューを作ってくれた。

日本語のメニューがあるお店だよ!チャーハンが12通りくらいあるけど。

 

f:id:kaito_nct:20161129183622j:plain

”これより先女子寮 男子学生の侵入を禁ずる” みたいなことが書いてある。

当然、我々はこの奥に進む。一番奥だ。

 

 

f:id:kaito_nct:20161129183613j:plain

我々がこの日まで暮らしていた女子寮。

一階の空き部屋に住んでいる。

防犯の兼ね合いで、女子寮生は皆二階より上に住んでいる。

ここに一時的に男が住むもんだから、頻繁に警備員が見回りに来てた。

我々も最初は女子寮生へ気を使って、服を着て寝ていたけど、暑さに負けてパンツ一丁で寝るようになった。カーテン閉めてはいたけど、うっかり覗かれちゃう。

 

部屋の間取りの話もしたいので、その話は後で。

 

f:id:kaito_nct:20161129183601j:plain

一文字も読めない。

 

 

f:id:kaito_nct:20161130011647j:plain

寮から出ていくので、寮のカフェテリアで食べる最後の晩餐となる。

フライドチキンとフライドエッグ。美味しい。

KMITLのカフェテリアで一番おいしいのかもしれない。

研究室の場所の関係で、A氏とS氏は、この後も最後までこのカフェテリアで三食食べたそうだ。

 

引っ越した。こっちの間取りも後で。

 

寮にいるときは二人一組に分かれていたが、ここでは四人で同じ家に入る。

で、ベッドが足りず、一人はマットを床に敷いて寝ることに。

そして...

f:id:kaito_nct:20161130011934j:plain

二人はダブルベッドに寝なければならない。ホモォ。

じゃんけんの結果、僕が別室のシングルベッド、S氏が床マット、A氏とH氏が愛のダブルベッドになった。

 

別室に入って早速エアコンをつけ、快適に寝られる!

f:id:kaito_nct:20161130011941j:plain

果肉入りジュースを飲んで、意気揚々と眠ろうとしていた。

勝手にっぽう19日目(2016/09/02)

テクノエキスポ二日目。午前中はテレコムテクノロジーの講義を受ける。

LCDとかの話とか聞いた。タイ語だけど。

 

f:id:kaito_nct:20161125132944j:plain

KMITLの構内には、電子商がいる。電子部品とかはここで買い付けるか、ここを通して発注できるみたい。これはいいと思った。工学系の人間は愛用するよね。

ただ、真空管などの高い技術力を要求する部品は、タイ国内で生産できないのでハンドメイドか輸入になってしまい、高度な実験ができないとうちの引率の先生が嘆いていた。

 

 

f:id:kaito_nct:20161125133000j:plain

「カルピス」はわかるけど、「ラクト」ってなんだよそれと思って飲んでみた。

 

f:id:kaito_nct:20161125132953j:plain

カルピスウォーターと同等の製品だった。日本の商品だとわかるように日本語表記もしているんだね。

 

 

f:id:kaito_nct:20161125133021j:plain

f:id:kaito_nct:20161125133010j:plain

本日の犬。

この日報では初登場の犬。初登場なこと以外は何ら変わらない野良犬。

 

講義のあと、BITECに行く予定だった。

お昼ご飯を食べるために、チューターの一人が住むマンションの食堂へ。

とても暑い日で、当然のように外気温+40℃。蒸し暑い。

-40℃には驚かないのだけれど、+40℃は辛い。死にそう。

 

マンションの食堂は...というか、エアコンついているところの方が少ない。

壁に備え付けの扇風機が首降ってるだけ。タダで氷水飲めるだけマシ。

文化の違いとかそういう話の前に、釧路民は暑いと死ぬ単純な生き物なの‼

 

f:id:kaito_nct:20161125133819j:plain

タイ初スズメ。当然のようにおこぼれ目当て。

 

f:id:kaito_nct:20161125133812j:plain

鳥には熱中症とか脱水症状とかないのかね?あの分厚い羽毛に包まれてるのに。

 

f:id:kaito_nct:20161125134349j:plain

お昼ご飯。とてもシンプル。目玉焼きを油で作るからギトギトなのは仕方ないね。

その分、お肉には胡椒が効いたさっぱりした味つけ。おいしい。

 

テクノエキスポに行くと、日泰交友の記念講演が行われていた。

f:id:kaito_nct:20161125134611j:plain

記念撮影。出川みたいな忍者と、鰻と桃だったかな?を合体事故フュージョンしたマスコットキャラクター。名古屋にいそう。

 

自動演奏は今日も集客頑張っています。

f:id:kaito_nct:20161125135042j:plain

f:id:kaito_nct:20161125135051j:plain

f:id:kaito_nct:20161125135103j:plain

このアングル比較的気に入ってる。

 

f:id:kaito_nct:20161125135110j:plain

このテクノエキスポ、驚きのポイントが、「どちらかというと顧客のターゲットは大学進学を目指す中高生」というところ。来場者のおよそ7割はティーンエイジャーだという。大人たちもくるけれども、改めて会場を見回すと、企業向けの小難しい話をして、営業活動もして、新規顧客ゲットだぜ!と意気込んでいた日系企業の空振りっぷりがちょっと悲しそうだった。

ブースを覗いていたら担当者がタイ語で話しかけてきて(テクノエキスポ参加に際して、学科のユニフォームTシャツを貰って、それを着ていたからKMITLの学生だと思われたのだと思う。そうなんだけれども。)。

「あ、日本語でいいですよ」→「日本語がわかるのですか!凄い学生さんですね!」→「僕、日本からKMITLに留学してるんです」→「え、日本人なんですか!タイ語できるんですか...」

てな感じの会話を幾度となく繰り返した。

ドライカーボンの製造業者が顧客獲得を目指して乗り込んできていたけど、タイではまだその需要が産まれるほど工業が成熟していないなーという感触。

展示用に作ったドライカーボンの日本刀とヴァイオリンが人気で、むしろそれの買い注文がいくつか入ったようだった。

値段は一振り30万円以下。小太刀なら20万円程度で作れるそうだ。

普段は電線のトロルの被膜と航空機のカーボンパーツを作っているそう。需要あるのか聞いたら、トロルは定期的に交換するから安定して注文は入るそうだ。しかし、それ以外の注文がないと過剰設備の負担が辛いとか。生産能力には余力が十分にあるらしい。

ドライカーボンの日本刀、かっこよかったから写真撮っとけば良かった。後悔。

 

f:id:kaito_nct:20161125135120j:plain

色音をいろいろ変えて演奏する。こっちも当然自動演奏できるからしてる。

 

f:id:kaito_nct:20161125135127j:plain

ふと気が付いたのでキーボードの写真を撮る。

タイ語は文字のパーツが多いのに、よくまあUSキーに全部割り当てたよなあと。

ハングルとかと同じように、文字のパーツを組み合わせて入力する。

 

 

f:id:kaito_nct:20161125140925j:plain

再びAAAの飛行機。

KMITL(ラートクラバン校)とKMITD(ドンムアン校)はどちらも空港に近い所にあり、滑走路を使ってテストフライトすることもしばしばあるそうだ。

シミュレーターだけではなく、実機でも訓練できるので、航空系の企業への就職などは成果が高い。

 

そんなこんなでまた会場を回っていると、五時くらいからステージイベントが始まった。

f:id:kaito_nct:20161125141108j:plain

会場内で見物している中高生やキャンギャルを捕まえてなにかやりだした。

真ん中のメイド服みたいな括弧してるおねーさんはレッドブルのキャンギャル。

 

f:id:kaito_nct:20161125141059j:plain

まあこの所作からどんなステージイベントだったかは察してください。

意外と日本のサブカル流入しているんですね(遠い目)。

むしろ、アキバ系メイドを起用したレッドブルのCMとか見れるのほんとタイならではだと思うの。

三つ折りで伏せてるメイドさんの大胆に開けた背中を真上から見下ろす興奮したおっさんの顔をドアップで拝めるエナドリ系CMが見られるのはタイだけ!!!!!!!

 

...さあ次だ次。

f:id:kaito_nct:20161125141045j:plain

自動演奏するピアノの下部。

意外とシンプルなもので、スピーカーとか油圧シャフトがついているくらい。

音はちゃんと鍵盤から出てるけど、バックコーラスとかほかの楽器の音色とかはスピーカーから出す形。

設定いじって終始「Let It Go」演奏させ続けた。

 

キャンギャルダンスのあとは、誰かよくわからない歌手がギターソロライブを延々とやってた。チューターに聞いても「彼は有名ではない。僕らも彼を知らない」と言ってるからいよいよ誰だお前状態。

 

このあとテクノエキスポは日曜日まで(つまりあと二日)続く。

日曜日には、教授がタイで人気の歌手と一緒に子供たちにピアノの演奏を教える特別授業が行われ、人でごった返す事態に。

イベントの後は、歌手がうちのブースでサイン会とかピアノ演奏会とか行ったから、違う意味で忙しかった。

 

晩御飯は皆で食べた。

f:id:kaito_nct:20161125143157j:plainどこかの河川敷のお店。

5日目に歩いて帰った道すがらにあるお店だということはわかる。

 

f:id:kaito_nct:20161125143414j:plain

本日のいっぬ。

お店の中で寝てたやつ。

 

f:id:kaito_nct:20161125143509j:plain

f:id:kaito_nct:20161125143516j:plain

f:id:kaito_nct:20161125143525j:plain

f:id:kaito_nct:20161125143534j:plain

f:id:kaito_nct:20161125143542j:plain

 

竹筒に入ってるご飯が出された。固い。炊ききれてない。

晩御飯を食べてる時点で夜7時半(日本時間9時半)。

眠気と戦いながら食べた。味は見た目通り。というか8割肉。

皆で「おいしい?」「辛い!」とか言いながら食べてたから楽しかった。

勝手にっぽう18日目(2016/09/01)

テクノエキスポ初日。

 

午前中はブースについてたけど、まあポンコツだよね。

タイ語喋れないから見に来た人に説明ができない。

展示品の仕組みは理解しているけど。

日系企業はブースの見回りに来ないし。

 

ブースの位置が、ちょうどステージのはす向かい。

そして通路挟んで正面にはレッドブルの試飲ブース。

レッドブルギャルズ(コンパニオン)が「飲んでみない?」と誘ってくるから一杯。

甘いんだね。そんでもって炭酸じゃない。

いっつもモンスターエナジーばっかりな高専生、たまには赤牛もいかが?

コスパで考えるとあれだけど。

 

f:id:kaito_nct:20161123052929j:plain

開会式でICT大臣(そういう役職)が挨拶。

タイ語で一頻り喋った後、日本語で日系企業を歓迎していた。

 

ブースで張っていたら、教授が日本人を連れてきた。

お名前は忘れてしまったが(というかたぶん伺っていない)、日本の大学の教授だった。前職は産技高専産業技術大学院大学)教授だったそうで、高専生を知っていた。

 

その後、KMITLの別の教授に連れてこられたうちの高専の教授(引率兼高専機構職員として派遣された:以降「先生」)を見つけ、連れまわしていた教授に、覚えたばっかりのタイ語の挨拶をお見舞いする。なんとか通じた。

 

先生に教えてもらったタイ語のあれこれを説明すると、「なんでそんなの教えてもらったんだ」とツッコまれた。そりゃこっちが知りたかった。

 

お昼ご飯は先生と連れていた教授の三人で食べることに。

BITECのフードコートに行った。

タイのフードコートは、先に現金でプリペイドカードを買い、お店での支払いはプリペイドカードで決済する。残金はキャッシュバックできる。

 

フードコートのラインナップは大学のカフェテリアと同等。値段は大学の倍。

むしろ大学のカフェテリアが相場の半額で食べられることにここで気が付いた。

スワンナプーム周辺でご飯食べたいときはぜひKMITLに(平日限定午後5時まで)

 

f:id:kaito_nct:20161123052920j:plain

このお店、和食専門店。Yamadaya。

値段が他のお店の倍ほどもする。和食って高級なんだね。

ここで豚の生姜焼き定食をオーダー。190バーツ(約630円)。

しかしここはタイ。料理の腕を期待してはならなかった。

 

f:id:kaito_nct:20161123052913j:plain

豚の生姜焼き定食...を頼んで出てきた何かコレジャナイ感すごいやつ。

しょうがを摩り下ろすなどということはできないのだ。

短冊切りにした生姜が硬い喉を通らない。そもそもこんなつゆだくじゃない。

悲しさであふれていた。

 

すき焼き頼んでチゲ鍋出してくるような所だ、油断しちゃぁおしまいだ。

 

とてもお腹が満たされないのでおやつを食べたかった。

カードの残高が10バーツしかないから、もう一度カードを買ってこようとしたら、教授がカードをくれた。全部合わせて70バーツ。

 

パフェとか売っているお店を見つけたので、パフェを頼もうとしたら、店のおばちゃんが断ってきた。材料がないのかと思ってほかのパフェを頼んだら、また断ってきた。

おばちゃんの説明がタイ語だったけど、「私はこれを作れない」と言いたいことはわかった。作れないのに店番やってる。びっくりだ。

 

f:id:kaito_nct:20161123052906j:plain

おばちゃんが唯一作れるのがこれ。香港ワッフル。40バーツ(約130円)。

 

f:id:kaito_nct:20161123052857j:plain

生地の中にカシューナッツとかチョコチップとかあの白い豆とか練り込める。

 

オーダーしてから焼くから時間がかかる。

おばちゃんが一人で調理しているんだけど、電話しながらやってる。

日本じゃありえない。仕事中に長電話とか。

当然というかなんというか、おばちゃんは焦がしやがった。

しかもトッピングの材料も切らした。

同等品の別のトッピングにすることを謝罪しながらもう一度作る。

 

待つこと合計40分。

 

f:id:kaito_nct:20161123052849j:plain

中にバナナとカシューナッツが入った香港ワッフルの出来上がり。

「次は焦がすなよ」と捨て台詞をはいて食べる。おいしい。

 

午後はまた会場内を見回る。

 

f:id:kaito_nct:20161123052810j:plain

タイのメトロネットワーク。将来はここまで拡大したいそうだ。

ただ、床から頭の高さまで浮いているうえに、天井方向に向いているものだから、とても見辛い。

オブジェクトのデザインを優先したのだろうけど、ブースのオブジェクトが全てくの字かMの字になっていて、やっぱり見辛い。

 

f:id:kaito_nct:20161123052759j:plain

AAAのブース。フライトシミュレーターの実演展示を行っていた様子。

 

今日も今日とてロードスター

f:id:kaito_nct:20161123052825j:plain

リアハッチあいてた。

f:id:kaito_nct:20161123052818j:plain

スペックも車体側面に書いてある。 394 Km/charge だって。

 

f:id:kaito_nct:20161123052720j:plain

f:id:kaito_nct:20161123052729j:plain

f:id:kaito_nct:20161123052736j:plain

f:id:kaito_nct:20161123052744j:plain

これもEVカー。

 

f:id:kaito_nct:20161123052841j:plain

日系企業のブースに、僕が愛用している特殊な眼鏡を製造しているネオダルトンという会社も出てきてた。

眼鏡使ってる話をしたらブースの偉い人が出てきた。

この特殊な眼鏡、色弱色盲を補正する眼鏡。

デザイナー検定とかデジタル検定とかも受けることができるくらい便利な道具。

他に色盲などで困っている人は、是非ともネオダルトンを訪れてみて。

大阪と東京にありますよ。

 

ぐるぐる回っていると、また先生と教授にあった。

「そういえばさっきH氏みかけたよ」(一緒に留学してる先輩)

 

H氏も研究室の手伝いでBITECに来ていた。

 

で、先生と教授が晩御飯を誘ってくれたので、KMITLで何かしてるA氏とS氏にも連絡して晩御飯いく予定をつける。

 

で、帰る時間を先生たちに合わせて、教授達の車に便乗させてもらうことに。

 

f:id:kaito_nct:20161123052752j:plain

ランブータン貰った。うまい。

 

ランブータンと言えば、道民的にはこれ↓

f:id:kaito_nct:20161123101034j:plain

 

で、四時くらいに一度KMITLに戻る。

 

BITECに残ったH氏と、一日中研究室で過ごしていたA氏とS氏が帰ってくるのを待って、それから4人で先生に合流、その後に先生を連れていた教授の車に乗る。Fit。

五人乗りの車なので、A氏がトランクルームに収まる。

 

で、晩御飯食べに来た。どこだかはわからない。

 

f:id:kaito_nct:20161123052643j:plain

二日連続焼肉。タレが辛いのと辛いのと酸っぱいのしかない。

 

f:id:kaito_nct:20161123052653j:plain

飲み物は全部甘い。お代わりは無料。

食べ物は残すと罰金100バーツを払わなければならない。

残さず食べましょう。

 

f:id:kaito_nct:20161123052711j:plain

釧路から出てきた人間に海産物を食べろというのはとても酷な話。

地元の海産物よりうまいものをあまり知らないから。

 

このお店も、注文を紙に書いて店員に渡すシステム。

タイ語を頑張って書いた。

勝手にっぽう17日目(2016/08/31)

タイ時間午前八時(日本時間午前十時)

時差ボケが治らない+とても暑くて目が覚める=現地時間4時起き。

睡眠時間が8時間に届かないけど暑いから仕方ない。寝たのはタイ時間夜12時。

このころは、4日目に買ったトランプで、留学生だけで毎夜のようにセブンブリッジやドボン、二八、大富豪、じじ抜き、死地並べ、ダウトなどを遊んでいた。他にすることないんだもの。

トランプがギャンブルに当たるため、タイではマイナーなものであるようで、チューターは遊び方を知らなかった。

 

ちょっと横道にそれるけど、忘れないうちにトランプ*1の話をしておこう。

タイのトランプは、以前述べた通り、日本のトランプに比べたらいくらか正方形に近い。そして、Jokerが4枚入っている。

この4枚のJokerを取り込んだ大富豪やダウト、じじ抜きなどがどうなることか、想像に難くない。我々はJoker四枚入りの大富豪を「乱世」と呼んでいた。

また、トランプで遊ぶ時には必ずお菓子を買っていた。これはまあ年功序列で用意したわけではなく、単純にいろんなお菓子を食べてみようという試みでしこたま買い込んだだけの話である。

飴やらガムやら試しているうちに、ポテチが比較的安定していることがわかった。

安定しているといっても、味付けにムラがあって、しょっぱかったり甘すぎたり。

一週間もしないうちに、夜のお供は塩ポテチとハニーバターチップスになった。

 

さて、話をもとに戻します。

 

 

f:id:kaito_nct:20161121013125j:plain

朝八時に集まってから、テクノエキスポに展示する機材の運搬作業を始める。

このトラックに積み込む。

 

f:id:kaito_nct:20161121013123j:plain

機材は、二日前の実習でGrand Auditioriumに置いたままなので、そこまで取りに行く。

 

で、積み込み終わって、お昼ご飯を食べる。

いつもの講義棟の近くのカフェテリアに戻るため、チューターのバイクに2人乗り。

「乗れよ」と眼だけで語る彼女はかっこよかった。けどヘルメット欲しかった。

 

f:id:kaito_nct:20161121013248j:plain

このカフェテリアは結構広い。

 

f:id:kaito_nct:20161121013240j:plain

お店もバリエーションがあって、ムスリム向けの料理もある。

 

f:id:kaito_nct:20161121013232j:plain

GODZILLAというコーヒーショップ。

タイのコーヒーショップはコーヒー専門店とは異なり、品ぞろえ的には日本の純喫茶と同等以上。

冷たい飲み物や氷追加、フラッペなどは追加料金。

 

 

f:id:kaito_nct:20161121013208j:plain

f:id:kaito_nct:20161121013200j:plain

昼寝する犬。

 

ご飯を食べたら、教授の部屋で段取りをみんなで確認する。

f:id:kaito_nct:20161121013216j:plain

f:id:kaito_nct:20161121013223j:plain

この辺を持っていく仕事を与えられた。

 

いよいよテクノエキスポの会場へ向けて出発。

会場は、Bang Na にある Bangkok International Trade & Exhibition Centre(BITEC)。

チューターの車で移動する。ついでに車の写真を撮る。

このインプレッサが綺麗に見えるのはくっそ暑い日差しのおかげ。

f:id:kaito_nct:20161121013152j:plain

f:id:kaito_nct:20161121013306j:plain

f:id:kaito_nct:20161121013315j:plain

車内温度のことなんか考えたくもなかった。

 

f:id:kaito_nct:20161121013256j:plain

快晴の青空で、ハイウェイを120km/hくらい出してぶっ飛ばす。

片側4車線、時には6車線ととても広い。

 

会場は既に準備が進んでいた。ブースとかの仕切りはすでに出来てた。

f:id:kaito_nct:20161122142144j:plain

f:id:kaito_nct:20161122142214j:plain

皆で準備を始める。

 

f:id:kaito_nct:20161122142206j:plain

この人はYamahaの調律師。がやがやと騒がしい会場の中、耳だけで調律していた。

 

f:id:kaito_nct:20161122142159j:plain

無事に運んだ。

 

f:id:kaito_nct:20161122142151j:plain

角が丸いフォントなため、遠目に見ると「ライブ!59」って見える。

某〇〇ライブ!のせいだ。*2

 

設営もひと段落(というか手持無沙汰)だったので、会場を見て回る。

会場の3分の1はKMITLのブースで、もう3分の1を企業が使い、残りの半分を金融・教育関連のブースが、最後の残りを日系企業が使用する感じ。

日系企業の中に、「なんくるないさー」hogehoge(忘れた)という企業が、えびせんにマヨソースぶっかけた卵を乗っけたエビたまなんたら(忘れた)を売っていて、「沖縄の会社なんですか」と聞いたら「いいえうちは大阪にある介護ホームを運営する会社です」って返されて「???」だった。

 

f:id:kaito_nct:20161122143526j:plain

BITECではいろんなイベントが併催されていて、全て翌日から始まるそうな。

そのため、準備の段階でおおわらわ。

 

f:id:kaito_nct:20161122143537j:plain

このブースはKMITLのAAAのブース。

ヘリコプターなのか軽飛行機なのかよくわからない航空機と、戦闘機のダウンスケールサイズを展示するそう。

この航空機はドイツ製で、タイ国内ではまだこの一機しか導入していないそうな。

日本だと航空法上は軽飛行機に分類されると思う。ヘリパッドでの離着陸は法律上出来なさそう。機体的にはできるけど。詳しい人教えてください。

 

また車。今度は展示車。

f:id:kaito_nct:20161122143614j:plain

Fit。EVですって。ナンバー見る限り4年前の車両っぽい?(多分 "FIT 2012"というナンバー)

 

f:id:kaito_nct:20161122143514j:plain

ロードスターMAZDAじゃないよ。TESLAだよ。

 

f:id:kaito_nct:20161122143547j:plain

f:id:kaito_nct:20161122143602j:plain

f:id:kaito_nct:20161122143554j:plain

かっこいい。2000万円は越えるそうな。リアにでっかいバッテリー積んでる。

 

 タイと言えばトゥクトゥク。ヤクザもマフィアもみんなトゥクトゥク

f:id:kaito_nct:20161122150413j:plain

新開発、バキュームトゥクトゥク。真空タンクを背負ったトゥクトゥク

しかしなぜこれにこだわるのだろうか。

 

f:id:kaito_nct:20161122150425j:plain

KMITLの工学部の展示品。煙草の煙の量を測定し、ヘヴィースモーカーには音声で注意して、喫煙を改善させる仕組みだそうな。

 

自分たちのブースに戻ってきてみると、ピアノの調律が終わっていた。

早速動作テスト。

f:id:kaito_nct:20161122151359j:plain

f:id:kaito_nct:20161122151406j:plain

ちゃんと動作した。

自動演奏システム。

MIDIの信号を受け取って、ピアノの下部から電子制御して演奏する。

これだけなら仕組みとしては難しくはないが、本来は遠隔地での演奏にリアルタイムで同調して演奏を再現する装置。

さすがに会期中ぶっ通しで誰かに演奏してもらうわけにもいかず、あらかじめ用意したMIDIデータで演奏している。

 

f:id:kaito_nct:20161122153159j:plain

設営終わり。

手前の胸像は、短髪の草彅剛の見た目の教授。バイノーラル音声を体感するため、耳の部分にマイクを埋め込んである。

外国から招聘されてからこの胸像が作られたことを考えると、結構仕事が早い。

 

設営が終わるのを待っている間、配属学科の他の教授達とおしゃべり。

タイ語しか喋れない教授とは、タブレットと紙を駆使しつつコミュニケーション。

媚薬とかエネマグラとかのタイ語を(何故か)教えてもらった。別に知りたかったわけではない。ついでにタイの政治(タイは軍事政権)への批難や釧路の場所の話とかで盛り上がった。

 

準備が完了したところで、教授が僕の歓迎会を行うからお店に行こうと皆を誘う。

Thank you, Asst. Prof. Dr. Pitak Thumwarin!! ありがとうございます教授!

 

f:id:kaito_nct:20161122154137j:plain

f:id:kaito_nct:20161122154203j:plain

お店はここ。紹介したいけどタイ語だからわからない。

美味しいお店だったから、タイに行ったら現地の人にどうにかしてここに案内してもらうといいかもしれない。

 

f:id:kaito_nct:20161122154148j:plain鍋がしゃぶしゃぶ...というかジンギスカンで使うやつに似ている。

真ん中の山の部分で焼いたり、出汁にくぐらせてしゃぶしゃぶにしたり。

 

以下飯テロ

f:id:kaito_nct:20161122160947j:plain

f:id:kaito_nct:20161122160955j:plain

 

 

で、皆でおいしく焼肉食べていると、突然足にモフスルスルという感触。

びっくりして足元をのぞき込むと...

f:id:kaito_nct:20161122161518j:plain

f:id:kaito_nct:20161122161444j:plain

f:id:kaito_nct:20161122161451j:plain

f:id:kaito_nct:20161122161457j:plain

f:id:kaito_nct:20161122161504j:plain

 

にゃーーーーーーーーーーーー(社会性フィルター)ーーーーーーーーーーーーーん

 

こいつも野良で、お店にくるお客さんのおこぼれが目当てらしい。

 

 

ほかにも、花売りやお菓子売りなどがお店に入ってきて買わないかと言ってくる。

Ayutthaya行った時もいたけど。

チューターに聞くと、「彼ら(彼女ら)は近隣国から流入してきた人間がほとんど」

売り子に小人がいたが、「彼は病気ではなく、そういう民族」と説明された。今の時代、そのような民族は数多いるので、珍しくはない。

タイにもいるとまでは思わなかっただけ。

 

 

お肉おいしかった。スープが美味かった。野菜も出汁を吸っておいしかった。

 

食べてる途中、路肩に止めようとバックいた車が後ろの車と追突事故を起こした。

後ろから男が3人くらいおりてきて、これは荒れるかと思ったら、追突した前の車から男一人と女二人降りてきて、ドライバーが女だったからうやむやに「いや、こっちの車は大したことないから...」という感じで当事者の間で解決したっぽかった。

 

歓迎会だったので、ご飯代は全部教授達が支払ってくれた。

人の金で食べる焼肉はとてもおいしい。

*1:not Trump

*2:ラブ〇〇〇!は悪くねぇ!

勝手にっぽう16日目(2016/08/30)

留学に持って行ったカメラ、"CASIO EX FR-10"に興味を持ったチューターが見せてくれとせがむので記念撮影。

(プライバシー保護のため非掲載)

 

f:id:kaito_nct:20161116005451j:plain

MUSIC ENGINEERING and Multimediaの講義棟のエントランスでいつも寝ている野良犬。

特に害はない。機材の運び出しの時にちょっとたたき起こしてどいてもらうくらい。

たぶん避妊去勢はしてない。している動物見たことない。

ペットとしての犬や猫を見かけない。いるのだろうか。

 

f:id:kaito_nct:20161116005313j:plain

朝ごパン。朝にこれを食べるのが習慣化した。シンプルゆえにうまい。

なぜかこの記事を書いているいまでも、あのトーストアイスの香りが蘇る。

20バーツ。

 

 

 

f:id:kaito_nct:20161116005351j:plain

いつものようにスワンナプーム空港を望む。今日はよく見える。

 

f:id:kaito_nct:20161116005656j:plain

スワンナプーム空港の滑走路。こちらは離陸用。

着陸用滑走路はこちらからみて空港の右側にある。空港自体がH型の建物なので、滑走路は空港で分断されている。

 

 

f:id:kaito_nct:20161116005704j:plain

管制塔がよく目立つのである。

f:id:kaito_nct:20161116005500j:plain

手前は工学部の建物。工学部と言っても、KMITLには学部が多すぎて何があるのかよくわからない。

 

f:id:kaito_nct:20161116005511j:plain

スワンナプーム空港から左方向へ視線を移す。

タイには山が少ない(北部の国境地帯にしかない)ため、ほぼ地平線まで見渡せる。

 

f:id:kaito_nct:20161116005527j:plain

遠くに目を凝らせば山の稜線ぐらいは望めた。

手前には寺院らしきものもうかがえる。

手前の建物の屋根の色。これがタイではベーシックなものっぽい。

空から見たとき、一番多かった。

 

f:id:kaito_nct:20161116005744j:plain

派手な屋根の寺院。これが一般的。ここにはいく機会がなかった。

右奥には高層ビルもある。

 

f:id:kaito_nct:20161116005736j:plain

ズームしないで見るとこんな感じ。結構遠い。

 

遠くばっかり見ていたので、足元にも目を向けてみる。

 

f:id:kaito_nct:20161116005727j:plain

池がある。池というより、湿地帯だから湿地。池かもしれない。

イグアナぐらいはよく見かける。

 

f:id:kaito_nct:20161116005714j:plain

その左隣。

手前のモニュメントには「MITSUBISHI ELECTRONICS」とか書いてある。

モニュメント近いけど結局一度も立ち寄らなかった。

 

 

f:id:kaito_nct:20161116005754j:plain

眼下のバスケットコートでなにやら不思議な儀式を行っていた。

KMITLには様々な風習や慣例、儀式があり、毎日誰かしら不思議な行動をとる。

この写真の人たちは制服を着ている+男子は黒い革靴、女子は白いソックスなので一年生であることがわかる。

二年生より上の学年は制服を着ない。学科のユニフォームは着る。

 

そんな感じで先週と同じように午後4時30分から始まるマスタリングの講義を待ちながら、チューターたちと人狼とかやって一日を過ごした。

「これはゲームだから、許せ」

 

 

f:id:kaito_nct:20161116005644j:plain

翌日から準備が始まるテクノエキスポというイベントに展示するためのオリジナル電子ピアノ。音色とかは当然変えられる。ピアノの湾曲を再現するのが難しいらしく、ちょっと作りが甘いのはご愛嬌。

 

 

夜。

f:id:kaito_nct:20161116012021j:plain

眼下のバスケットコートに人だかりが。

ほとんど一年生。あとは彼らを取り仕切る上級生。

 

f:id:kaito_nct:20161116012042j:plain

皆座って何かが始まるのを待っている。

この集まりの詳細は結局わからず終いだった。

翌日チューターに聞いても「この学校ではいろんな風習があるから自分たちも知らない」と回答された。

 

f:id:kaito_nct:20161116012034j:plain

晩御飯は寮チャーハンにありつけなかった(営業時間外)ので、講義棟の近くのセブンイレブンでカニチャーハンを買って帰った。

安定したおいしさがある。

 

帰り際、「明日からテクノエキスポの準備があるんだけど、一緒に来るか、それともエキスポ終わる日曜日まで自由行動にするか」と聞かれて、それはもちろんテクノエキスポを覗くしかないから「一緒に行く」と答えた。

「よかった。それじゃあ明日朝八時に講義棟集合してくれ」(続く)

勝手にっぽう15日目(2016/08/29)

三度目の月曜日。

 

今日も元気にライブセッティング。

 

 

f:id:kaito_nct:20161114165952j:plain

タイの自転車。日本でも見かけそうな形してるけどなんか違和感が。

 

 

f:id:kaito_nct:20161114165954j:plain

朝ごパン。

水はコスパで選ぶとChang一択になる。700㎜7バーツ。

本当は寮の給水機で10バーツ2ℓとかというコスパ最強な選択肢があるのだが、2ℓを持ち運ぶのは辛いし、何より冷蔵庫がないからぬるくなる。

お腹の負担を考えたらぬるい方がよさそうに見えるが、何しろ40℃に迫るのだ。

当たり前だが、水道水を飲むのは危険すぎて試せない。

歯磨き用にもボトルの水を用意しているくらい。水道水でうがいするのは慣れと覚悟(または諦観)がいる。

 

f:id:kaito_nct:20161114170001j:plain

タイではISUZUが絶好調。日本ではピアッツァも見かけなくなったが、タイでは自国内で製造するD-MAXがある。

 

f:id:kaito_nct:20161114170020j:plain

今日の実習はこんな感じのセッティングをする。

 

f:id:kaito_nct:20161114170027j:plain

実習場所はTHAI FAIGHTを見たGrand Auditioriumだ。

 

f:id:kaito_nct:20161114170218j:plain

いつもの講義棟から機材を運び出して...

 

f:id:kaito_nct:20161114170227j:plain

早速セッティング。

 

f:id:kaito_nct:20161114170238j:plain

前回は演者の前に置いていたスピーカーを、2,3個くっつけて吊るす。

 

で、今回は講師として招かれた人が何人か来ていて...

 

f:id:kaito_nct:20161114170247j:plain

脇阪寿一っぽい人がいた。

 

f:id:kaito_nct:20161114170252j:plain

めっちゃ似てるとその時は思った。

 

f:id:kaito_nct:20161114170258j:plain

たまに教えながらのんびり談笑してた。当然タイ語。うんにゃひ。

 

お昼ご飯を食べに、大学の外へ。

位置的に構内のカフェテリアより外の方が近いそうで。

f:id:kaito_nct:20161114190220j:plain

就活みたいなことはタイでもやってる。

 

写真の看板の2559というのは、B.E.2559ということ。*1

A.C.2016 = B.E.2559 = 皇紀2676

タイでは仏暦を採用しているので、西暦に543年足せばいい。

皇紀(西暦+560年)よりは面倒くさい。何が面倒かというと...

ミャンマースリランカでは、釈迦が入滅したその年紀元前544年仏滅紀元元年(=1年)とする。一方で、タイ王国カンボジアラオスでは、釈迦が入滅した翌年紀元前543年仏滅紀元元年としているため、双方の紀元には1年の違いが生じている。それぞれ、キリスト紀元西暦)に544、あるいは543を加えた値が仏滅紀元となる。 -Wikipediaより

面倒だという話も、西暦ベースで考えるからであって、タイでは仏暦がベースなのだから、それは単なる文化の違いでしかない。

過去の記録を振り返るときなどに、西暦に換算しないといつのことかよくわからないくらいで、特に困ることはなかった。

 

お昼ご飯に連れて行ってもらったところは、道端の露店。

f:id:kaito_nct:20161114190324j:plain

こんな感じの小さなキッチンで調理している。

水はセルフサービス。タダで冷えた水が飲めるからマシ。

 

f:id:kaito_nct:20161114190314j:plain

メニュー。値段しかわからない。

注文はチューターに「辛くないの」と注文をつけてお任せした。

 

出てきたのがこれ。

f:id:kaito_nct:20161114190305j:plain

麺料理。具材すらよくわからない。もやしとエビはわかる。

 

f:id:kaito_nct:20161114190256j:plain

これが私のおひるごはん。薩摩揚げみたいなのが入ってる。

芋団子みたいな謎の肉団子とか、キノコとかも入ってる。

ビラビラしたのはよくわからない。

 

f:id:kaito_nct:20161114190240j:plain

スープはたぶん梅ベースの酸っぱいやつ。

 

f:id:kaito_nct:20161114190247j:plain

口に合わなかった。

残してしまうことに抵抗があるのは、やっぱり日本人だからっぽい。

「美味しかった」とは嘘をつけなかった。

 

f:id:kaito_nct:20161114190229j:plain

タイの自動車を見ていて気付いたのが、ナンバープレートは自動車販売店が発給してるみたい。

 

f:id:kaito_nct:20161114193457j:plain

午後もセッティング。

この後四時くらいまで延々とやって、「遅くなるから先に帰っていいよ」と教授に返された。

 

帰り道に、大学の中央図書館に寄り道した。

とても大きく、7階建て+別棟4階建てという構造。

別棟の二階に日本語書物のコーナーがあった。

f:id:kaito_nct:20161114193517j:plain

カタカナにまでひらがなでルビがふってある徹底ぶり。

 

f:id:kaito_nct:20161114193525j:plain

晩御飯は寮チャーハン+ポークソーセージ。

安定したおいしさ。

メニューが今まで英語表記の紙だったのに、日本語表記も含まれたラミネートカードが施された新しいのになってた。店員のおっちゃん有能。

ただ、「豚肉のチャーハン」だけで値段違いも含めて4種類あるのはなんなんだろう。

*1:Buddha Eraのこと

筋トレするとポジティブになるって今話題の筋トレ。

今ね、筋トレを友達*1とやったの。

 

僕は脂肪を燃やして体重を減らしたいから。

友達は筋力をつけて体重を増やしたいから。

 

で、筋力つかう運動自体が二年ぶりくらいなもんだから、

・腕立て

・スクワット

・腹筋

を10回3セット、インターバル30秒で日課にすることにしたの。

 

まあ、関節からぽきぽき言いながら、終わってみると汗だくで、腕も膝もプルプルなものなんですよね。

 

で、ポジティブになるって話題。というか最早常識な筋トレ。

やってみると腹筋が引っ張られて笑いがこみ上げるんでスね。

 

腹筋が疲れる→笑い出す→腹筋に力が入らない→力入れる→笑いが止まらない→悪?循環

 

笑いすぎてちょっと気分悪い気もしなくもない。

 

セロトニンが云々という話も確かだけど、それ以前に「筋肉が俺を笑わせてくる」っていう暴力。

 

普段から笑えなくなった人も、もしかしたら腹筋が弱くなりすぎて筋肉があなたを笑わせられなくなっただけかもしれない。

 

20分も時間かからないから、上記のメニューを一日一回から始めてみるといいかも。

筋トレする時間もないとか言い出す人は、今やってることやめた方がいいと思う。

 

無理しないペースと量を、毎日のんびりとやる。

明るい気分にもなれるし、継続する力もつくし、パフォーマンスも上がる。

一石三鳥。もしくはそれ以上。

 

いいことしかない。たぶん。

*1:その友達の自慢なんだけど、北大を滑り止めにして神戸の数学科に受かったの。すげぇできる奴。